2012年11月08日

去勢は危険

今回の不法侵入者は


TS3Y010700010001.jpg

浴室の裏戸から入り


TS3Y010800010001.jpg

浴槽に上がって


TS3Y010900010001.jpg

水を飲み


TS3Y01100001.jpg

鯉の餌を食べて出て行ったようです。

でも悪いのは猫ちゃんではなく
裏口を閉め忘れるこの私です(`・ω・´)


皆さま、こんにちは。


こんにちは!アタシじんくん(*゜人゜)!
この間去勢手術を受けて女子になったのよ(*゜人゜)!
これは↓手術を受ける前のアタシ、じんくん。



TS3Y00790001.jpg

じん) オゥオゥ、ぼくは男の子だぞ(`゜人゜)



TS3Y00780001.jpg

じん) オゥオゥ、聞いてるのか(`゜人゜)!?


これが↓今のアタシ、じんくん(*゜人゜)



ML_TS3Y00390001.jpg


なんだか気品が漂ってるカンジ(*゜人゜)


いやいや、じんくんは去勢しても男の子だから。
というか、もうちょっとこう
実物通りの可愛い写真が撮れんもんかね・・・( ̄∀ ̄;)


6日、じんの去勢手術は無事でもなく終了致しました。
今少し落ち着いたのでこうして文章も作れてますが。

手術自体は問題も滞りもなく終わったそうなんですが
帰宅後の状態が悪く。
帰ってすぐ寝て、夜になって嘔吐。
朝から飲まず食わずで嘔吐はマズイと
薄めたスポーツドリンクを少量飲ませるもまた嘔吐。
その間はずっと発熱もしており
嘔吐が続くようなら夜間救急に連れて行くつもりで
私も病院を検索しながら、いつでも出られるよう服のまま待機。
一晩様子見してましたが、幸いその夜は2回の嘔吐で済みました。
でも、どっちにしてもおかしい。

翌朝、じんに少し動きが出て来たので楽になったのかと思いきやまた嘔吐。
8時半を待ち、病院に電話したところ
『去勢の影響で嘔吐は考えられない。でも朝まで吐くのは普通じゃない。他に原因があるはずだから検査しましょう』と。
すぐにじんを連れて病院に向かい、血液検査を行ったところ・・・
何の異常もありませんでした。
飲まず食わずの嘔吐のせいで脱水は起こしてましたが
それ以外の問題はなし。
白血球も正常。
体に問題がないなら心しかないということになりました。
手術や、私に病院に置いて行かれたことがショックで
ものすごいストレスを受けたんだろうと。
思えば保護当日からうちの子になる気満々で。
『ぜったいのがさないじょ(`゜人゜)!』という気迫で
家族の後追いして離れなかったじんです。
正式お迎え後は常に家族と一緒、もんちーと一緒の絶対安全圏で
心みたいにひとりで留守番することもなかった。
病院に『置いて行かれた』とか『捨てられた』と感じたのかな・・・
加えて手術じゃ、ストレスも大きいか・・・
ものすごい切なくなりましたが
どこも悪くないことに一安心。
最大量の補液、抗生物質、吐き気止め、痛み止めの注射を打ってもらい帰宅しました。

じんはその夜からやっとごはんを食べ始め
今現在、元気は通常の5割くらいまで回復してます。
消化器系の薬を飲みながらの5割なのでまだまだ心配です。

猫ちゃんの去勢は手術としては簡単で
難なく終えられる方が大半かと思います。
先生からも、じんのようなケースはあまりに稀で
そのデリケートさに驚かれました。
初めて男の子の手術を経験した私としては
『去勢はめちゃくちゃ怖い』と(〒_〒)



TS3Y003700010001.jpg


とにかくじんくん、お疲れさま。
安心して、元気になろうね。


【オマケ】


手術当日、病院に預けてる間は家でもんちーと祈ってました。
私はじんと共に絶食。
もんちーも子猫の顔に戻り、私に甘えながらも
若干落ち着きなくウロウロしてました。



TS3Y003500010001.jpg

もんちー)朝キャリーが出してあったから、じんくん病院行ったのね(・人・)


キャリーを見て即逃げたもんちーは
たぶんじんがイヤな所に行ってるのを察してました。
ちなみに翌日もやたらウロウロしてました。

そして、いかにも何も考えてなさそうな心。



TS3Y009800010001.jpg

心)今日も風が強いね(:・入・:)!


あぁ、そうだね。

心には発情のはの字も見られないし
じんが落ち着いたらまた遊ばせてあげたいです。

ニックネーム かすみ at 18:44| じん(°人°) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする