2013年10月03日

ところで皆さま、お元気ですか?

どれだけ時間が空こうとも
私個人はおめでたい出来事等なく
またその予兆もなく。
ただ風邪をひいたり、大雨で山から流れて来たマムシを退治したりしていました。


皆さま、こんにちは。


大変ご無沙汰しております!
どこから語ればいいのか、慌ただしくなったのは
じんここのワクチンからだったと思います。

8月19日。
2にゃん揃ってワクチン接種に行ってきました。
白血球があまりに少なかったもんちーの血液検査は
血液の凝固により正しく測定できなかったものと思い
ワクチン時に確認して、必要であれば午後、再検査にまた来るつもりでした。
まずはこころがワクチンを終え、次にじん。
じんは健康診断もお願いし、採血してもらいました。

白血球が3500しかない。

いやいやいやいや(`∀´;)

機械の故障じゃないことを確認するのも兼ねて
急遽こころも採血しました。

白血球4100。

ありえない。

こころは以前からやや肝数値が高いものの
2匹とも本当に元気なのに。

午後、もんちーを連れて別の病院へ行って来ました。
泣いても笑っても2件しかない動物病院のもう一方。
良い病院ならこちらを主治医にと思ってました。
事情を話し、白血球のみ確認して頂いた結果、白血球は4600。
正常には全然届きませんでした。
そこでは、他県にある大学病院での受診を勧められました。

そっか、話しにならんな。

主治医どころか、セカンドとしても、もう行く気はありません。

いろんな方に相談にのって頂き
セカンドオピニオン受診のアドバイスも頂きましたが
選択肢がないというこの現状。
揃いも揃ってとなると感染症ではないか、いや本当に心当たらない・・・症状もない・・・
原因がわからないまま、白血球が活躍しなくて済むよう
徹底除菌生活に励んでいた中
もんちーの多飲多尿が目立ち始めました。
多飲の傾向は、白血球が本当に少ないんだということが分かり
ピタリゲンという水に変えたのと全く同時期に始まったため
水が美味しいんだと思ってました。
おしっこが大玉になり、大玉で4回くらいする日が出て来て。
腎不全の悪化、糖尿病が不安になり、尿試験紙を購入。
尿糖が+++。
糖尿病の方だったか・・・
翌日病院へ行き、糖尿病の診断を受けました。
今はインスリン治療中です。
多飲多尿が始まってから2週間足らずで
数値的にもまだ重度ではありません。
血糖値測定機も買い揃え、血糖値も毎日確認してます。
糖コントロールのフードも用意はしましたが
腎不全と糖尿病なら腎不全のほうが怖いため
フードは基本的に腎臓ケアの処方食を続けるつもりです。

糖尿病は、絶対に離脱させます。

いちばんの問題は、私自身が病院不信で
先生の指示に従えないことかもしれません。
今日は私だけで病院に行き、ささやかなバトルを繰り広げ
インスリン5単位から4単位への変更許可を得て来ました。
そうは言っても、治療は飼い主と獣医間の信頼とコンビネーションが必須というのを
これまでの経験でよくよくよくよくわかってます。
喧嘩腰になってる場合じゃない。
仲良くしないといけない。

・・・主治医さんと山崎先生のとこ行きたい(ρ_;)

以上が近況報告となりますが
3猫が元気じゃないかと言うと、まったくもって元気です。



IMG_20131003_215646.jpg

じんはどこにぶつけたのか頭をケガして、元気にハゲてます。



DSC_0501-1.jpg

じんくん!白血球低いんだから、気軽にケガしてくれるなよ(;∀;)



mini_130921_12320002-1.jpg

こころは1歳にして“チャシ3号”の称号を手に入れました。
お腹は元気に横揺れ派、顔には頬袋装備です。



mini_130923_1653-1.jpg

こころ!白血球低いんだから、何かしら気をつけてね(´∀`)



mini_130917_12420001-1.jpg

そして渦中のもんちーですが、至って穏やかなものです。



DSC_0490-1.jpg

夜な夜な空に向かって祈祷するハハを冷静に見守ってくれてます( ̄∀ ̄)


病気に、負ける気は、ないっっっっ(`・ω・´)!!!!!!!!


以下、ランダムに画像いっぱい(´∀`)


DSC_0498-1.jpg

SN3S0342-1.jpg

mini_130816_1646-1.jpg

130928_1552~01-1.jpg

DSC_0466-1.jpg

DSC_0484-1.jpg

DSC_0502-1.jpg

DSC_0462-1.jpg

DSC_0457.jpg

ニックネーム かすみ at 22:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする